What’s New

2009年2月12日

糖尿病の子どもたちに夢と勇気を与えるプロ野球選手
阪神タイガース・岩田稔選手を応援!


医療用分析機器・診断薬メーカーのアークレイ株式会社は、1型糖尿病と向き合いながらプロ野球選手として活躍する阪神タイガース・岩田稔選手の姿勢に共感し、応援することになりました。広告活動のみならず、岩田選手の患者支援活動のサポートなども行っていきます。


 
<岩田稔選手 プロフィール>

1983年10月31日生まれ プロ野球選手(投手)
大阪桐蔭高等学校-関西大学-阪神タイガース
・2005年
 大学・社会人ドラフトの希望入団枠で阪神に指名され入団。
・2008年
 プロ入り初勝利を含むシーズン10勝をあげる。
・2009年
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表候補。

※アークレイ 岩田選手応援サイト
  http://www.arkray.co.jp/iwata21

高校2年生の冬に1型糖尿病を発症した岩田選手は、病気と向き合いながら目標を持ち続け、プロ野球選手になるという夢を実現させました。タイガースの入団会見で、「(糖尿病患者の方々の)みんなの希望の星になりたい」と宣言し、1日4回の血糖測定とインスリン※注射を行いながら、プロ野球の投手としてマウンドに立ち続けています。そして昨シーズン10勝をあげる活躍を見せるなど、糖尿病の子どもたちに夢と勇気を与える存在となり、子どもたちとの交流活動や支援活動も積極的に行っています。

アークレイは、糖尿病患者の方が毎日使用される血糖自己測定機器の開発・販売を中心に、40年にわたり糖尿病患者の方々のQOL(生活の質)向上に貢献することを目指しています。アークレイは、子どもたちに夢を与える岩田選手を応援し、患者支援活動のサポートや広告を通じてメッセージの発信などを行っていきます。

※インスリン=すい臓で作り出され、ブドウ糖をエネルギーに変えたり貯蔵したりするホルモン
  (補足:糖尿病について参照)。

 

出演予定

アークレイの広告活動を通じて、岩田選手のメッセージを発信していく予定です。

支援活動のサポート

アークレイは今後、岩田選手の糖尿病患者支援活動などのサポートもしていく予定です。
今後の具体的な活動については、詳細が決まり次第随時発表させていただきます。

補足:糖尿病について

血液中のブドウ糖の濃度「血糖値」は、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンにより、健常な人では狭い範囲に変動が抑えられています。インスリンには、ブドウ糖の細胞内への取り込みやグリコーゲンの合成など、多様な作用があります。しかし何らかの原因でインスリンの分泌量が少なくなったりその働きが不十分になったりすると、血糖値は高値化し、糖の代謝が正常に行われなくなります。この状態が慢性化したのが糖尿病です。糖尿病は発症原因によって分類されており、そのうち大半を占めているのが1型と2型です。

・1型糖尿病
ウイルス感染などの原因による自己免疫、あるいはその他の原因ですい臓のインスリン分泌組織が破壊されて、インスリン分泌量が絶対的に不足するために起きます。生活習慣とは関係なく、岩田選手のように子どもや若い方が突然発症するケースが多いですが、成人での発症やインスリン分泌能の低下が徐々に進行するケースもあります。
 
・2型糖尿病
インスリン感受性の低下や分泌量の不足により、作用が不十分であるために発症する糖尿病です。遺伝的要素をベースとして、過食・肥満・運動不足・加齢・ストレスなどの誘引が加わり発症します。生活習慣病として成人になってから発症するのはほとんどがこのタイプで、日本の糖尿病の大多数を占めています。