サステナビリティ

トップコミットメント

yaosan_2.png

私たちアークレイは企業理念に「新しい科学技術への挑戦を通じて、世界中の人々の健康な生活に貢献する」と掲げ、全ての事業活動を通じて社会課題の解決および持続可能な発展に寄与し続けることを自らの使命として歩んでまいりました。

産業革命以降、科学技術やグローバリゼーションの加速度的な進展が、人々の生活や社会に大きな変革をもたらした結果、現在の豊かな暮らしがあります。その反面、気候危機や資源枯渇などの地球環境問題、経済格差や差別といった人権問題をはじめとする様々な社会課題を生み出しているということを忘れてはなりません。

2015年に国連総会で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、社会が発展する中で未来にわたって誰もが豊かで満たされた生活を享受できる「誰ひとり取り残さない」社会づくりを掲げています。世界が社会課題の解決に向けた動きを加速する中、社会の公器として企業が果たすべき役割は日を追って大きくなっています。

このような社会からの要請に対して、アークレイとしてより明確に参画することを表明し、より具体的な活動へとフォーカスしていくために、2021年より「SDGs基本方針」を定めました。
企業市民としてさまざまなステークホルダーとの良好な関係を築きつつ、より良い製品・サービスのご提供を通じて「世界中の人々の健康な生活に貢献すること」こそが、当社にとってのサステナビリティであり、果たすべき社会的責任(CSR)であると考えています。

アークレイ株式会社  
代表取締役 八尾 行俊


SDGs基本方針

アークレイグループは、ARKRAY Group Mission「新しい科学技術への挑戦を通じて、世界中の人々の健康な生活に貢献する」の実践によって、社会的課題の解決と社会の持続可能な発展に貢献していきます。

  • 新たな診断技術や検査を提供することにより、医療現場における課題解決と人々の健康な生活やQOLの向上に貢献します。
  • 省資源・省エネルギー、環境汚染の防止などの事業に関連した環境保全活動を行い、地球環境の維持に取り組みます。
  • 健全で公正な事業活動を通じて、ステークホルダーの皆さまと信頼関係を構築し、お互いが発展する企業となることに努めます。
  • 一人ひとりの個性を尊重し、快適で働きやすい職場環境をつくることで、創業の精神である「挑戦」する姿勢を受け継ぐ人材の育成を目指します。
  • 地域・社会の一員としてグローバルな視点でそれぞれの文化や慣習を尊重し、社会貢献活動を行います。


SDGs目標番号 マテリアリティ アークレイの取り組み事例
sd3.jpg sd9.jpg 【技術開発】

新たな製品、診断技術の開発による医療現場における課題解決

sd12.jpg 【製品・サービスの安定供給】

高品質な製品・サービスを迅速に供給するグローバル体制の構築

  • グローバル供給体制の再構築を推進
sd4.jpg sd5.jpg sd8.jpg 【職場環境・人財育成】
  • 働きやすい職場環境づくり
  • 多様な人財の育成
  • コンプライアンス指針の制定
  • 社内におけるセクシャルマイノリティに関する取り組み推進
  • 労働安全衛生の向上
  • 新興国からのインターンシップ生の受け入れ
sd16.jpg sd17.jpg 【取引先・サプライヤー】
持続可能なサプライチェーンによる製品・サービスの提供

  • RoHS指令10物質への適合
  • サステナビリティ調達基準の策定
sd7.jpg sd12.jpg sd13.png 【環境】
省エネルギー・省資源活動の推進
sd3.jpg sd4.jpg sd11.jpg 【地域社会】
事業活動を通じた地域社会への貢献

  • 情報誌・勉強会を通じた医療従事者への情報提供活動
  • スポーツ支援
    (ハンナリーズ・IWATA)