What’s New

2018年11月19日

血糖自己測定器「グルコカードGブラック」と
健康アプリ「シンクヘルス」アプリのデータ連携がスタート!

アークレイの血糖自己測定器「グルコカードGブラック」とH2 株式会社の「シンクヘルス」アプリのデータ連携を11月19日(月)より開始します。

データ連携により、iOS、Androidそれぞれの「シンクヘルス」アプリにおいて、Gブラックで測定したデータをBluetooth通信にて、正確な値を同期させることが可能になりました。正確な血糖値トレンドや、他の行動(食事、運動、服薬)との関係などを、「シンクヘルス」アプリで視覚的に把握することができます。

アークレイは、糖尿病管理アプリ「スマートe-SMBG」だけでなく、他社開発の健康アプリとの連携を推進し、糖尿病患者さまへのサービスを拡大していきます。

健康アプリ「シンクヘルスアプリ」(運営:H2株式会社)

生体データや、食事、運動などの記録を、糖尿病患者さまに負荷がかからない形で入力することができるアプリ。入力データに基づいて最適なコンテンツを、AIを通じ伝えることで、糖尿病患者さまが継続的に利用する価値を見出していただくことを仕組みとしています。

https://www.health2sync.com/ja/patients

血糖自己測定器「グルコカードGブラック」

http://www.arkray.co.jp/smbg/g-black/index.html

糖尿病管理アプリ「スマートe-SMBG」(運営:アークレイ)

糖尿病患者さまにとって有用な"血糖値管理"や"食事記録"、"歩数計""バイタル管理"などのメニューを搭載したアプリ。スマートフォンを持つすべての糖尿病患者さまに無料で提供しています。血糖値の変動と、血糖値にかかわる食事や運動などのデータが一目でわかり、簡単に記録 とチェックができるので、生活習慣の改善に役立てられます。

http://www.arkray.co.jp/smbg/e-smbg/index.html