What’s New

2017年4月27日

- 糖尿病への正しい理解促進を目指して -
阪神タイガース岩田選手らが出演・糖尿病の子どもたちやご家族へのメッセージ

「夢をかなえよう、共に。1型糖尿病との向き合い方」公開!

臨床検査機器・試薬メーカーのアークレイ株式会社(本社:京都市中京区)は、阪神タイガース岩田稔選手とともに糖尿病患者さま支援活動「 IWATA PROJECT 21」 を立ち上げ活動しています。このたび岩田選手が出演する啓発動画「夢をかなえよう、共に。1型糖尿病との向き合い方」を制作し、本日2017年4月27日(木)よりIWATA PROJECT 21オフィシャルWebサイトで公開しています。
20170427_011.jpg

阪神タイガース・岩田稔選手

20170427_012.jpg

 動画の1シーンより

1型糖尿病と向き合いながらプロ野球選手として活躍している岩田選手とアークレイ株式会社(以下、アークレイ)は、2011年5月に 「IWATA PROJECT 21」を立ち上げ、糖尿病患者さまやそのご家族と岩田選手の交流をサポートしています。

その活動の一環として、このたびアークレイは岩田選手とともに、啓発動画「夢をかなえよう、共に。1型糖尿病との向き合い方」を制作しました。昨年7月に公開した「夢をかなえよう、共に。1型糖尿病と歩む」の続編として、岩田選手と小児糖尿病診療の専門家である日本大学病院 小児科の浦上達彦教授が出演・対談し、1型糖尿病の子どもたちやご家族の方々に、メッセージとエールを送ります。

1型糖尿病は自己免疫性疾患などが原因とされ、生活習慣の影響による2型糖尿病とは異なり、小児期に発症することが多いのも特徴のひとつです。しかし、社会ではこの2つが混同されるなど、糖尿病に対する認知や理解が進んでいない現状があります。本動画では、岩田選手と浦上教授の対談から1型糖尿病に関する知識や病気に対する向き合い方を伝え、糖尿病についての正しい理解を促進します。動画は阪神タイガースの春季沖縄キャンプで撮影し、本日 2017年4月27日より、「IWATA PROJECT 21」」のオフィシャルWebサイトで公開しています。

アークレイは、これからも「IWATA PROJECT 21」を通じて、糖尿病に関する知識や、糖尿病をとりまく環境への理解促進に努め、糖尿病患者さまやそのご家族をサポートしていきます。

■ 動画 概要

タイトル 夢をかなえよう、共に。1型糖尿病との向き合い方
内容 1型糖尿病への正しい知識と理解の普及に向けて、1型糖尿病患者でもあるプロ野球選手・岩田稔投手と小児糖尿病の専門家・浦上達彦教授が対談・出演する動画
再生時間 11分52秒
公開場所 IWATA PROJECT 21オフィシャルWebサイト(岩田選手応援サイト)
http://www.arkray.co.jp/iwata21

■ 出演者 紹介

20170427_02.jpg

岩田稔(いわた みのる)選手

(プロ野球選手・阪神タイガース)

高校2年生時の冬に1型糖尿病を発症。病気と向き合いながらしっかりと目標を持ち続け、大学卒業後に阪神タイガースに入団し、プロ野球選手になるという夢を実現。糖尿病の子どもたちを強く勇気づける存在となっています。
2009年WBC日本代表、2014年日米野球日本代表。

浦上達彦(うらかみ たつひこ)教授

(日本大学病院・小児科)

小児糖尿病の専門家として、日本大学病院小児科で日々1型糖尿病の子どもたちの診療にあたる。日本糖尿病学会・小児糖尿病委員会で委員長を務め、1型糖尿病の正しい知識の啓発活動に取り組まれています。

ご参考

■ IWATA PROJECT 21 直近の活動について

○ 啓発動画「夢をかなえよう、共に。1型糖尿病と歩む」(2016年7月28日公開)

岩田選手、岩田選手と同じく1型糖尿病で囲碁棋士として活躍する木部夏生プロ、そして日本大学病院 小児科の浦上達彦教授が出演し、1型糖尿病の子どもたちやご家族の方々に、メッセージとエールを送る啓発動画。

○ 甲子園ライナービジョン「健康ひとことメモ」
甲子園球場のリボン状LEDビジョン「甲子園ライナービジョン」で、「アークレイ健康ひとことメモ」による啓発活動を行っています。健康に対する基礎知識や、糖尿病などの生活習慣病を予防するための情報を、一般 の方々にわかりやすく伝えています。

実施期間:2017年4月7日~2017年9月24日
セントラル・リーグ公式戦の阪神タイガース主催試合 甲子園球場開催の全62試合(124回放映)

※雨天中止などの影響で、期間が延びる場合があります。